Blog

ブログ

2022年11月24日(木)

  • コラム

注文住宅をお考えの方必見!吹き抜けにする際の費用やメリットなどを解説します!

注文住宅をお考えの方の中には、吹き抜けに憧れを抱いている方は多いのではないでしょうか。
理想の住宅を手に入れるためにも、事前に吹き抜けのメリットやデメリットなどを把握しておくことは重要です。
今回は、注文住宅で吹き抜けをつくるメリットとデメリット、費用について解説します。

□注文住宅で吹き抜けをつくるメリットとは?

吹き抜けのメリットをいくつか解説します。

1つ目は、住宅の中を開放的な空間にできることです。
開放的に感じる要因は、2階や3階といった天井が無くなり、視線の幅が上下に大きく広がるためです。
開放的な空間は、家族や友人とゆっくりと過ごす場所に適しています。
家族や来客が集まるリビングといった空間を吹き抜けにすることがおすすめです。

2つ目は、自然の光を取り入れやすくなることです。
吹き抜けをつくることで、吹き抜けの上の階の部分に窓を設置できるため、1階部分にも光が届き、部屋全体が明るくなります。

しかし、太陽光には紫外線が含まれており体に有害な面もあります。
そのため、大量に太陽光を浴びることは望ましくありません。
紫外線を避けたい方は、窓にUVカットフィルムを設置することをおすすめします。
また、北向きは直射日光が入らないため、吹き抜けの北側に大開口を設けるのも良いです。

3つ目は、住宅全体に繋がりを持たせられることです。
1階と2階が天井で区切られている場合、家族の気配を感じられないため、空間1つ1つが閉鎖的になります。
吹き抜けで空間同士を繋げることで共有するものや時間が多くなり、家族同士のコミュニケーションが取りやすくなります。
また、天井の高さを生かした吊り下げタイプの照明を設置するなど、インテリアの楽しみ方にも幅ができます。

4つ目は、リビング階段との相性が抜群なことです。
リビング階段と吹き抜けは家全体を広く見せることができ、おしゃれな空間をつくり出せます。
そのため、両者を同時に住宅にとり入れるケースは多いです。

5つ目は、風通しがよくなることです。
立地の都合上、上の階は風通しが良いものの、1階は風通しが悪いケースがあります。
吹き抜けの天井にシーリングファンといった機材を設置することで、上の階の風を1階に循環させ、十分に換気することができます。

□注文住宅で吹き抜けをつくるデメリット

吹き抜けのデメリットをいくつか解説します。

1つ目は、エアコンの効きが悪くなることです。
これには、温度の高い空気は上にいき、温度の低い空気は下にいくという科学的特性があります。
このため、夏は2階や3階で冷房の効きが悪くなり、冬は1階のリビングで暖房の効きが悪くなってしまいます。
天井にシーリングファンを設置して空気を循環させるなど、温度調節には工夫が必要です。

2つ目は、照明や窓などのメンテナンスが難しいことです。
吹き抜けだと床から天井までの高さが高いため、自力で証明の電球を交換するといったことは難しいです。
また、全面ガラス張りの窓や高い位置にある窓ははしごや脚立では届かないケースが多いです。
専門の業者に依頼する必要があるため、その費用には注意しておきましょう。

3つ目は、上の階のスペースが無くなってしまうことです。
1階のリビングとその上の階が区切られていれば、上の階の空間は部屋といった形で使用できます。

ただし、吹き抜けで1階と2階の空間を繋げることで、その空間には座ったり立ったりできなくなります。
家族が多いなど、利用スペースを減らしたくない家庭にとっては注意が必要です。

4つ目は、音やにおいが家全体に拡散することです。
吹き抜けは家族の気配を感じられる一方、1人を味わう空間を確保しづらくなります。
テレビの音量や掃除機の音などが家全体に聞こえるため、勉強や仕事で集中したい人がいる場合は気を使う必要があります。
プライベートを制限される可能性があるため、注意が必要です。

□注文住宅の吹き抜けにかかる費用

注文住宅で吹き抜けをつくる際にかかる費用には、材料価格と施工費用があります。
それらを合計した費用の相場は、約150万円~200万円です。

その費用の内訳をいくつか解説します。

まず、吹き抜けをつくる際は、壁に遮音シート、吸音材、石膏ボードを取り入れます。
それらの工事にかかる費用の相場は、約9万円~30万円です。

また、吹き抜けの壁には、内装工事後に断熱塗装もします。
これにかかる費用の相場が、約8万円から30万円です。

吹き抜けにかかる費用は業者によって異なりますので、予算を超えないように、業者の比較検討をすることをおすすめします。

□まとめ

今回は、注文住宅で吹き抜けをつくるメリットとデメリット、そしてそれにかかる費用について解説しました。
おしゃれで開放的な空間をつくれる吹き抜けですが、それには費用やメンテナンスなど、注意すべき点も存在することを把握しておきましょう。
静岡県で注文住宅をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧