Blog

ブログ

2019年8月12日(月)

  • コラム

注文住宅を利用する際に注意しましょう!間取りの失敗例とは?

注文住宅は0の状態からどういう家にしたいか構想を練り、業者と話し合って新築を建てることを意味します。
今回ご説明するのは、気をつけていただきたい間取りの作り方です。
こちらに関しては失敗したと感じている方が多いようで、
「部屋の配置を失敗してしまった。」
「収納が全然足りなくて部屋が片付かない。」
といった悲しむ声を聞くことがあります。
そういった失敗のないように、他の方の失敗例から学びましょう。

 

□部屋の広さに関する失敗

部屋の広さに関しては、丁度良い具合を見つけるのが非常に難しいと言えます。
他のスペースを広くしたくて玄関を狭くしたところ、ベビーカーや車いすの出し入れや大人数での外出時に、不便だと困ることがあります。
家族の構成や状況によって出入口である玄関の幅を決めましょう。
玄関には靴や自転車などの置くものが意外と多いため、少なくとも収納は広く取ることをおすすめします。
玄関はあくまで一例ですが、家電に合った部屋の広さか、子供でも使いやすい間隔に位置しているかといった不安要素が多くあると思います。
実際に、紙に書き出してみましょう。

 

□コンセントの数と配置に関する失敗

細かいことですが、意外と見落としてしまいやすいのがコンセントの個数です。
家電や設備がどこに配置されるのか図に表した上で、どこにコンセントが何個必要か正確に判断しましょう。
個数の失敗だけでなく、コンセントが届かないという失敗もあります。
慎重な計画が不便な暮らしから回避できるコツです。

 

□部屋の明るさに関する失敗

部屋に入る自然光の具合は方角や近隣環境によって決まります。
窓の数や位置、大きさを適当に決めてしまうと、明るすぎる部屋や、反対に光が入らず薄暗い部屋ができます。
照明の位置も光の入り方によってはアンバランスになる可能性があり、計画的でない設計では、必要のないところに照明を設置する場合があります。
また、明るさだけでなく、室温も光の入り具合によって大きく変化します。
異常な暑さに悩まされたり、寒すぎて使い物にならなかったりと居心地の悪い部屋を生み出してしまうのは避けましょう。

 

□まとめ

このように、間取りの計画性がないために新築を建てた直後にも関わらず住みにくいと悩む場合があります。
せっかく建てたので、不満が残らないように念入りに計画しましょう。
当社では、間取りの失敗のないようにお客様の住宅計画と施工をサポートさせていただきます。
ぜひ一度、当社までお気軽にご相談ください。

ブログ一覧