注文住宅にかかる費用を抑えるためにできることって?

アトリエサクラ トップページ

HOME » Information column[インフォメーションコラム]»注文住宅にかかる費用を抑えるためにできることって?
お客さまの声 ホームリサーチ静岡県第1位賞状授与

ホームリサーチガイド第一回工務店グランプリにおいて全国工務店参加数242社中 第12位。静岡県 第1位の実績をおさめました。

ホームリサーチとは スタッフ紹介 リクルート情報 スタッフブログ アトリエサクラの活動実績 おひさまの森保育園

2019.01.25

 

「夢のマイホーム、できるだけ自分の要望を叶えてもらいたい」
「予算が限られているから、できるだけ費用を抑えたい」
このようにお悩みの方はおられませんか。
注文住宅のコストをできるだけ抑えつつ、自分の住みたい住まいを実現するためにはいくつか重要なポイントがあります。
そこで、注文住宅にかかる費用を抑えるためのポイントを解説します。
 
□窓の総面積を減らす
これがどうして注文住宅の費用を抑えるポイントなのかと疑問をお持ちになった方もおられるでしょう。
実は、窓は一般的な壁に使用する建材と比べると少し価格が割高なのです。
ですが、窓を減らしてしまうとその分採光力や換気力が弱まってしまい、結露やカビなどの原因となる可能性も捨てきれません。
「ここには家具を置くから窓は要らない」
「西日が当たるとまぶしいので換気扇に変えよう」
このような場合でしたら、窓の数を減らすことを検討すると良いでしょう。
 
□部屋の仕切りを減らす
住宅の費用は使用する建材の量が多いほど、また構造が複雑であればあるほど費用は高くなります。
ですので、部屋の仕切りを減らすと少し費用を削減することができます。
部屋の仕切りを減らすと広々とした印象を与えることができます。
また、通気性も格段にアップします。
部屋の仕切りの数も考慮してお部屋の間取りを考えると良いでしょう。
 
□外観をシンプルなものにする
注文住宅ならばベランダやバルコニー、ガレージなどのエクステリアも自由に設計できます。
ですが、あまりにそういった外観に手を加えすぎてしまうと、費用が大きくかさんでしまうかもしれません。
あまり外観は気にしないといった場合は、外観をできるだけシンプルなものにすると良いでしょう。
 
□こだわりがない部分はシンプルにする
「システムキッチンで料理を楽しみたい」
「最高級の設備が整った浴室で一日の疲れを癒したい」
せっかくの注文住宅ですので、どうしてもこれだけは外せない要望と言ったものがあることでしょう。
ですが、要望やこだわりをお持ちでない箇所がいくつかあるのではないでしょうか。
そういったポイントには必要以上のクオリティを要求せずに、シンプルなものにすると良いでしょう。
 
□さいごに
注文住宅にかかる費用を抑えるためのポイントをいくつか解説しました。
ですが、最も重要なポイントが一つあります。
それは、注文住宅業者と綿密にコミュニケーションを取ることです。
費用を抑える方法をうまく取り入れるためにも、しっかりと注文住宅業者と相談しましょう。







メールでのお問い合わせ

HOME会社概要関連リンクプライバシーポリシーサイトマップ

Copyright (C) 2007-2013 Atelier SAKURA Corporation. All Rights Reserved.