注文住宅を建てる際に必要な税金の種類について

アトリエサクラ トップページ

HOME » Information column[インフォメーションコラム]»注文住宅を建てる際に必要な税金の種類について
お客さまの声 ホームリサーチ静岡県第1位賞状授与

ホームリサーチガイド第一回工務店グランプリにおいて全国工務店参加数242社中 第12位。静岡県 第1位の実績をおさめました。

ホームリサーチとは スタッフ紹介 リクルート情報 スタッフブログ アトリエサクラの活動実績 おひさまの森保育園

2019.01.29

 

「注文住宅にはどのような税金がかかるのだろうか」
このようにお悩みの方はおられませんか。
税金は資金計画を立てるうえで考えておきたい重要なポイントの一つです。
税金の支払いが想定外の出費とならないように、事前にどのような税金があるのかを把握しておきましょう。
そこで、注文住宅を建てる際に必要な税金について解説します。
 
□消費税
ほとんどのお買い物でかかってしまう消費税ですが、注文住宅においても懸案事項となります。
また、消費税は2019年10月より10%に引き上げられることが決まっています。
消費税が増税される前に注文住宅の購入を済ませるという方法もあります。
ですが、注文住宅の購入を焦ってしまい、失敗することだけは避けたいものです。
※土地に関しては消費税の課税対象外です。
 
□不動産取得税
これは、注文住宅の購入などによって発生する税金です。
注文住宅の購入後に各自治体から郵送される納税通知書によって税金の支払いを行います。
一般的に、不動産取得税の計算は以下のように求められます。
 
土地や建物の税額 = 固定資産税評価額 × 3%(住宅以外に関しては4%)
 
税率の軽減や特例などにより計算式は変化します。
資金計画を立てる際はあくまでも参考として捉えておきましょう。
 
□登録免許税
土地や不動産を取得した際に必要となる税金です。
その土地や不動産が一体誰の所有物であるのか、どういった権利関係によって契約が成立しているのかなどを明確にするための重要な税金です。
一般的に、登録免許税の計算は以下のように求められます。
 
登録免許税額 = 課税標準 × 税率
 
課税標準に関しては、市区町村の役所で発行される証明書によって確認することができます。
税率は平成31年3月31日以前が1.5%、それ以降は2.0%となっています。
 
□印紙税
注文住宅の購入のさいには様々な契約が締結されます。
例えば、売り主との契約や住宅ローンの契約などが考えられます。
そういった契約書は課税対象となることがあります。
その際に支払う税金が印紙税です。
印紙税に関しては、契約書に記載されている金額によって額が変動するため、計算式はありません。
そのため、簡単に調べることができます。
例えば、1000万~5000万円の場合1万円、種類によっては2万円となっています。
また、契約書に記載されている金額が高ければ高いほど印紙税は高額になります。
 
□さいごに
注文住宅を建てる際に必要な税金について解説しました。
注文住宅の費用と併せて、税金に関しても押さえておきましょう。







メールでのお問い合わせ

HOME会社概要関連リンクプライバシーポリシーサイトマップ

Copyright (C) 2007-2013 Atelier SAKURA Corporation. All Rights Reserved.