注文住宅を建てる上で知っておきたいメリットとデメリット

アトリエサクラ トップページ

HOME » Information column[インフォメーションコラム]»注文住宅を建てる上で知っておきたいメリットとデメリット
お客さまの声 ホームリサーチ静岡県第1位賞状授与

ホームリサーチガイド第一回工務店グランプリにおいて全国工務店参加数242社中 第12位。静岡県 第1位の実績をおさめました。

ホームリサーチとは スタッフ紹介 リクルート情報 スタッフブログ アトリエサクラの活動実績 おひさまの森保育園

2018.07.09

 

住宅を購入すると言うのは人生の中でも最大級の大きな買い物になる人がほとんどです。
そのため失敗のない選択をしたいと考える人にとって、注文住宅は魅力的な選択肢となります。

しかしながらこのような住宅の購入方法にはメリットとデメリットの両方が存在していると言うことを理解しましょう。
良い面ばかりに目を向けて、悪い面について知らないと言う事は後悔につながりますので注意が必要です。
 
まず多くの人が注文住宅に感じるメリットは、自分好みの条件をつけることができると言う点を挙げることができます。
特に住宅の構造に希望がない場合には分譲住宅の中から選んだ方が良い場合もありますが、自分の住宅のこだわりを実現させる手段としては注文住宅が最も優れています。

これはオーダーメイドで住宅を作ることになるため当然のメリットであるといえます。
他にない自分だけの住宅を実現するための手段としては最適なものです。
 
一方でデメリットも存在していますが、その最も顕著なポイントになるのが費用面の問題です。
分譲住宅の場合にはハウスメーカーが既に持っている設計の範囲内で住宅作りをしますので徹底したコストダウンが可能になります。

しかしオーダーメイドで住宅を作る場合には設計から丁寧に行う必要がありますので時間がかかると言うポイントが挙げられるのです。
またオーダーメイドであっても、法律に反した構造を作ることができません。この辺は事前に確認しておく必要があります。
 
時間がかかると言う事はそのままコストの増加につながりますので、割高になってしまうと言う事は覚悟しておかなければなりません。
また完成品を見て購入することができる分譲住宅に比べて、注文住宅の場合には完成後に思っていたものと違うと言う感情を持つことが少なくありません。

設計図のイメージと実物が異なると言う事は比較的よくあることであり、完成後にイメージと違ったからと言って作り直すことができないのです。
世界に1つしかない住宅であるが故に、専門家の意見をよく聞いて注意深く作る必要があります。
 
このようなメリットとデメリットの両方を慎重に検討した上でどうしてもオーダーメイドで住宅を作りたいと言う人にお勧めできるのが注文住宅の形です。
こだわりの住宅を実現させるためには、唯一とも言える選択肢であるため、多くの人が選択肢に数えることになるでしょう。

しかしそこには様々な難しいデメリットとなりえるポイントがありますので、間違いのない住宅づくりのためには専門家の意見をよく聞いて丁寧に対応していくと言うことが重要です。







メールでのお問い合わせ

HOME会社概要関連リンクプライバシーポリシーサイトマップ

Copyright (C) 2007-2013 Atelier SAKURA Corporation. All Rights Reserved.