注文住宅のことを考えよう!予算と広さの関係とは?

アトリエサクラ トップページ

HOME » Information column[インフォメーションコラム]»注文住宅のことを考えよう!予算と広さの関係とは?
お客さまの声 ホームリサーチ静岡県第1位賞状授与

ホームリサーチガイド第一回工務店グランプリにおいて全国工務店参加数242社中 第12位。静岡県 第1位の実績をおさめました。

ホームリサーチとは スタッフ紹介 リクルート情報 スタッフブログ アトリエサクラの活動実績 おひさまの森保育園

2018.06.19

 

一戸建てを手に入れる時には注文住宅と建売住宅とで迷うことがありますが、建売住宅よりも細かな理想を実現しやすいのが注文住宅ですので、こだわりの家を手に入れたい時には注文住宅で建てるのがお勧めです。

問題は、とことん理想を追求すると予算内に収まらなくなる可能性があるという点であり、全ての要望を入れることができずに計画を見直す必要が出てくるケースもあります。
最近ではリーゾナブルな価格で建てられるメーカーも登場していますが、広さで大分価格は違ってきます。
 
実際のデータを確認すると、やはり広さと価格は比例する傾向にあり、広ければ広いほど高額になりますので、予算を抑えたいと考えるのなら広さの面で妥協しなければなりません。

平均すると3,000万円台になるとそれほど材料のグレードを落とすことなく、そこそこの広さの家を手に入れることができます。
延床面積100m2以上になると4,000万円以上になることも少なくありませんので、広い家にしたい人は4,000万円以上はかかることを考慮しなければなりません。
 
狭いと問題になるのは間取りです。思うような間取りで部屋を割り当てることができず、家族皆が満足できるような家を建てられない可能性もあります。
他にも床材や壁、窓などのコストを抑えることで全体的な価格を下げることは可能ですが、大まかな価格は延床面積に比例しますので、理想の土地を手に入れても予算によっては希望の間取りが手に入らないことを覚えておくようにしましょう。
 
地域によって差があるという意見もありますが、これは土地にかかるお金です。
土地代はやはり都会の方が高いので、その分住宅を入手する際にもたくさんのお金がかかります。
広い土地を手に入れることができず、住宅を建てる分にもあまりまわせないという状況の人が多くいますので、建売住宅を選ぶ人が大勢います。

しかし、都会から離れると土地代にはそれほど費用がかかりませんので、その分を住宅にまわすことができて広い家を手に入れられるというケースが多いようです。
 
LDKにしたいとか寝室は10畳以上にしたいとか様々な要望がありますので、それを全て叶えるためにはトータルでどれ位の広さが必要になるのかを一度確認してみましょう。
それを実現するために住宅メーカーでの価格をリサーチすることも重要であり、同じ延床面積であってもグレードがいくつか用意されていて費用を抑えられるケースもあります。

あらかじめ住宅メーカーに相談すると、その予算内で購入できるタイプをリストアップしてくれますので、相談しながら決めるというのも一つの方法です。







メールでのお問い合わせ

HOME会社概要関連リンクプライバシーポリシーサイトマップ

Copyright (C) 2007-2013 Atelier SAKURA Corporation. All Rights Reserved.