注文住宅を建てたい方必見!モデルハウス見学の注意点!

アトリエサクラ トップページ

HOME » Information column[インフォメーションコラム]»注文住宅を建てたい方必見!モデルハウス見学の注意点!
お客さまの声 ホームリサーチ静岡県第1位賞状授与

ホームリサーチガイド第一回工務店グランプリにおいて全国工務店参加数242社中 第12位。静岡県 第1位の実績をおさめました。

ホームリサーチとは スタッフ紹介 リクルート情報 スタッフブログ アトリエサクラの活動実績 おひさまの森保育園

2018.05.18

 

これから注文住宅を建設したいと考えている人は、住宅専門雑誌やハウスメーカーのウェブサイトなどを研究して、間取りや外観、室内装備などさまざまなポイントをチェックしているのではないでしょうか。
ある程度のイメージが掴めてきたら、その次の段階として「モデルハウス見学」を予定にしている方も多いことでしょう。

やはり実際に建てられている住宅を直に触れて、目で見て確認することができるモデルハウスは、住宅づくりのとても良い参考となります。
見学の際にはいくつか心に留めておきたい注意点もありますので、そのことを意識しながら訪問することがおすすめです。
 
住宅メーカーでは、お客さんに自社の住宅の良いところやアピールポイントを凝縮した広告用の住宅を用意しています。
住宅展示場ではそのようなメーカーの建物が多く密集していますので、何の計画もなく回ってしまうと効率的に見学ができないということも考えられます。

まずは自分の好みに合った住宅をいくつかピックアップして、それを重点的に見学するという方法が良いでしょう。
何気なく訪れたメーカーが気に入ってそのまま契約に至ったという例も聞かれますが、住宅は高額な買い物ですので、しっかりと吟味することが必要です。
事前に住宅展示場のウェブサイトで見学をするハウスメーカーを絞り込んでおくと効率が良いものです。
 
住宅展示場は、ショールーム的な役割もありますので、一般的に豪華で広々とした住宅が立ち並んでいます。
平均的なモデルハウスの建築費は5,000万円から6,000万円とも言われ、仮に土地代を含めて同じ住宅を建築するとなればかなり高額な物件となります。

注文住宅の建設予算は土地代も含めて5,000万円以内という人がほとんどですので、モデルハウスは平均的な住宅よりもかなりグレードの高い家であることを意識しておくことも大切です。
実際に建てたときと、見学時のイメージのギャップに驚いてしまうという話もよくありますので、あくまでも「モデル」であることをおさえておき、是非取り入れたい部分や参考にしたい工夫を調べるという利用方法が良いでしょう。
 
小規模なハウスメーカーや工務店では、住宅展示場ではなく会社の近くに比較的身の丈に合ったモデルハウスを用意している場合もあります。
実生活に近いイメージを実感できることから、そのような施設を見学してみることもおすすめです。

いずれの場合にも、必ずメジャーやメモ、カメラや筆記用具などを持参し、気になった設備や実現してみたい場所などをチェックして保存しておくと良いでしょう。
スマートフォンやタブレットがあればなお良いです。







メールでのお問い合わせ

HOME会社概要関連リンクプライバシーポリシーサイトマップ

Copyright (C) 2007-2013 Atelier SAKURA Corporation. All Rights Reserved.