防犯リフォームを行うための3つのポイントとは!?

アトリエサクラ トップページ

HOME » Information column[インフォメーションコラム]»防犯リフォームを行うための3つのポイントとは!?
お客さまの声 ホームリサーチ静岡県第1位賞状授与

ホームリサーチガイド第一回工務店グランプリにおいて全国工務店参加数242社中 第12位。静岡県 第1位の実績をおさめました。

ホームリサーチとは スタッフ紹介 リクルート情報 スタッフブログ アトリエサクラの活動実績 おひさまの森保育園

2018.03.31

 

「家に防犯対策を行いたい。」
「防犯リフォームのポイントを知りたい。」
そのようなお考えをお持ちではないでしょうか。
 
近年、空き巣や放火の被害が、ニュースでよく報道されますね。
住宅に関する犯罪行為は、未然に防ぐ必要があります。しかし、対策一つで、犯人に狙われにくい家に、劇的に変わるのです。
 
今回は、防犯リフォームのポイントを3つご紹介します。
以下の内容を参考に、防犯意識を高めましょう。
 
●歩行者や、近所住民に死角になる場所を解消する
第三者に死角となる場所は、犯人の隠れ場所として最適です。背の高い植木や柵は、できるだけ取り除くか、背を低くしましょう。
 
●窓に格子状の柵を設置する
空き巣犯の多くは。窓を破って家の中に侵入します。
格子状の柵を窓に設置するだけで、犯人の侵入経路を、妨げることが可能なのです。
 
また犯人に、
「この家は防犯意識があり危険だな。」
と感じさせることは、未然に犯罪を防ぐためには非常に有効になります。
 
●感知センサーのついた照明を設置する
裏が田や畑の場合、夜になると特に人通りが少なくなります。
人通りが少ない住宅には、人間を感知すれば、明かりがつく照明を設置しましょう。
犯罪行為を防ぐためには、夜の明かりは、非常に重要になるのです。
 
 
〇最後に
今回は、防犯リフォームのポイントを3つご紹介しました。
自分の家や家族は、自分で守る時代になっています。
防犯意識を高めて、リフォームを行ってはいかがでしょうか。







メールでのお問い合わせ

HOME会社概要関連リンクプライバシーポリシーサイトマップ

Copyright (C) 2007-2013 Atelier SAKURA Corporation. All Rights Reserved.