人気上昇中!無垢材のフローリングのデメリットとその対策法とは!?

アトリエサクラ トップページ

HOME » Information column[インフォメーションコラム]»人気上昇中!無垢材のフローリングのデメリットとその対策法とは!?
お客さまの声 ホームリサーチ静岡県第1位賞状授与

ホームリサーチガイド第一回工務店グランプリにおいて全国工務店参加数242社中 第12位。静岡県 第1位の実績をおさめました。

ホームリサーチとは スタッフ紹介 リクルート情報 スタッフブログ アトリエサクラの活動実績 おひさまの森保育園

2018.03.29

 

「無垢材が最近人気だと聞いたけれど、気をつける点ってないの?」
そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。
自然素材ならではの温もりが感じられると人気の無垢材ですが、選ぶにあたって留意すべき点もいくつかあります。
そこで今回は、無垢材を使う際に気をつけるべきポイントをご紹介したいと思います。
 
1. 傷がつきやすい
無垢材は、表面に傷がつきやすく、重くて頻繁に動かす家具を床に置きたいと考えている人は注意すべきでしょう。
また反りが出やすいので、引き戸が閉めにくくなることもあります。
 
2. 音がうるさい
古いお寺などで体験した方もいらっしゃるかもしれませんが、無垢材の床を踏みしめる際には、ギシギシと音がなることがあります。
ただ、これは床下を支える大引の固定不足などによって起こる場合が多いので、音が気になる場合は一度工務店に問い合わせて原因を解明し、必要であれば修理を依頼できます。
 
このように、無垢材にも確認しておきたいポイントはいくつかありますが、集合材にはないメリットも数多くあります。
 
アトリエサクラ有限会社では、「人が人のためにつくる、アイデアと創造力の家造り」をテーマに、お客様の大切な“夢のマイホーム”実現のお手伝いをさせて頂いております。
家づくりに関して、不明点や疑問点がございましたら、まずはお気軽にご相談ください。







メールでのお問い合わせ

HOME会社概要関連リンクプライバシーポリシーサイトマップ

Copyright (C) 2007-2013 Atelier SAKURA Corporation. All Rights Reserved.