注文住宅で考える階段設置|リビング階段のデメリット

アトリエサクラ トップページ

HOME » Information column[インフォメーションコラム]»注文住宅で考える階段設置|リビング階段のデメリット
お客さまの声 ホームリサーチ静岡県第1位賞状授与

ホームリサーチガイド第一回工務店グランプリにおいて全国工務店参加数242社中 第12位。静岡県 第1位の実績をおさめました。

ホームリサーチとは スタッフ紹介 リクルート情報 スタッフブログ アトリエサクラの活動実績 おひさまの森保育園

2018.02.09

 

注文住宅にリビング階段を採用すると、様々なメリットがありました。
親子の会話が増えたり、視覚効果でリビングが広く見えたり、といったものです。
では、リビングに階段を設置することで生じるデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。
 
リビング階段のデメリット
1. プライバシーが保ちにくい
いくら家族でも、それぞれのプライバシーは守りたいもの。
特に思春期の子どもがいる場合は、プライバシーを尊重してあげることが大切です。
しかしリビング階段の場合、1階にいても2階にいても常に家族の気配を感じてしまいます。
音が筒抜けだったり、家族と顔を合わせなくてはいけなかったりと、きっちりとしたプライベートな空間を保つことは少し難しくなります。
 
2. 匂いと音が筒抜け
音に関してはプライバシーの面でも言及しましたが、匂いも2階に伝わってしまいます。
料理の匂い、皿を洗う音、テレビの騒音といったものが全て2階に筒抜けなので、睡眠や勉強の妨げになるかもしれません。
 
3. 部屋が暖まりにくい
暖房でリビングを暖めても、その熱が階段を伝って2階に逃げてしまうデメリットがあります。
その逆に、2階の冷えた空気はリビングに降りてくるので、リビングが広ければ広いほど寒くなる傾向があります。
 
メリットとデメリットを比較して、注文住宅のリビング階段を検討してみてはいかがでしょうか。







メールでのお問い合わせ

HOME会社概要関連リンクプライバシーポリシーサイトマップ

Copyright (C) 2007-2013 Atelier SAKURA Corporation. All Rights Reserved.