リフォームで叶える「耐震性」~耐震工事の内容とは~

アトリエサクラ トップページ

HOME » Information column[インフォメーションコラム]»リフォームで叶える「耐震性」~耐震工事の内容とは~
お客さまの声 ホームリサーチ静岡県第1位賞状授与

ホームリサーチガイド第一回工務店グランプリにおいて全国工務店参加数242社中 第12位。静岡県 第1位の実績をおさめました。

ホームリサーチとは スタッフ紹介 リクルート情報 スタッフブログ アトリエサクラの活動実績 おひさまの森保育園

2018.02.01

 

耐震リフォームをお考えの方、一体どのような内容の工事が行われるのかご存知ですか。
主なリフォーム工事の内容を把握しておくことで、耐震リフォームを依頼する決意がつくのではないでしょうか。
今回は、耐震リフォームの方法を具体的に紹介していきます。
 
耐震リフォーム工事の内容
1. 基礎の補強
建物を支える基礎をしっかりさせることで、耐震性は自ずとアップします。
無筋コンクリートの場合は、鉄筋コンクリートにリフォームするだけでも効果は見られることでしょう。
また、クラックが入っているのであれば、そこを改修しましょう。
クラックは地震の揺れを均等に伝える邪魔をしてしまいます。
 
2. 腐朽箇所の修繕
当たり前ですが、建物の土台や柱が腐朽していたら耐震性はありません。土台の取り替えや柱の修繕工事を行いましょう。
また、シロアリも腐朽を進める原因です。新しく使用する木材には、必ず防腐防蟻処理を行いましょう。
 
3. 壁の補強
地震は住宅に横からの力と縦からの力を加えます。そのため、壁は両方向からの力に強い必要があるのです。
間仕切り壁の場合、横から加わる力に弱いので、筋交いや構造用合板を取り付けて補強しましょう。
耐震性に優れた壁になります。
 
4. 屋根の軽量化
屋根は建物の一番上にあります。地震が発生したときに建物の上部が重いと、揺れが大きくなってしまいます。
できるだけ屋根は軽量化しましょう。
 
これらが主な耐震リフォームの内容です。自分の家に欠けている箇所を部分的にリフォームすることで、常に耐震性が保たれた家が作れるのではないでしょうか。







メールでのお問い合わせ

HOME会社概要関連リンクプライバシーポリシーサイトマップ

Copyright (C) 2007-2013 Atelier SAKURA Corporation. All Rights Reserved.