バリアフリーの注文住宅にぴったりなキッチンのミソは収納!?

アトリエサクラ トップページ

HOME » Information column[インフォメーションコラム]»バリアフリーの注文住宅にぴったりなキッチンのミソは収納!?
お客さまの声 ホームリサーチ静岡県第1位賞状授与

ホームリサーチガイド第一回工務店グランプリにおいて全国工務店参加数242社中 第12位。静岡県 第1位の実績をおさめました。

ホームリサーチとは スタッフ紹介 リクルート情報 スタッフブログ アトリエサクラの活動実績 おひさまの森保育園

2018.01.04

 

将来のことを考えて、バリアフリーの注文住宅を考えていらっしゃる方は多いと思います。
手すりをつけたり段差をなくしたりすることはもちろん、部屋の種類ごとに配置といったポイントがありますよね。
そこでこの記事では、注文住宅でバリアフリーの「キッチン」を作るポイントについてお伝えします。
 
■収納は下の方を豊富に!
キッチンは一般的に、広さの割に収納しなければならないものが多い場所です。
お皿や調理器具、食材などの出し入れが激しいことを考えると収納の使いやすさはどのキッチンでも大切でしょう。
長年住んでも使いやすいかを考えると、特に下の方の収納を豊富にしておくことがおすすめです。
 
確かに、調理台の上の吊り下げ戸棚や背の高い食器棚などもキッチンの収納力を上げるために役立ちます。
とはいえ、上からものを出し入れすることは年を重ねるごとにとても危険になってしまいます。
 
これを考えると、日ごろの調理で使うものは、車いすでも取り出せる高さに置きたいところです。
そのためにも比較的低い位置に豊富な収納スペースを確保しましょう。
 
注文住宅では各ご家庭のこだわりが反映できます。
その素敵な注文住宅で長く快適に暮らすためにも、将来のことを考えた「バリアフリー」というポイントをぜひ参考にしてみてください!







メールでのお問い合わせ

HOME会社概要関連リンクプライバシーポリシーサイトマップ

Copyright (C) 2007-2013 Atelier SAKURA Corporation. All Rights Reserved.