注文住宅ならウォシュレット!ウォシュレットのデメリットとは?

アトリエサクラ トップページ

HOME » Information column[インフォメーションコラム]»注文住宅ならウォシュレット!ウォシュレットのデメリットとは?
お客さまの声 ホームリサーチ静岡県第1位賞状授与

ホームリサーチガイド第一回工務店グランプリにおいて全国工務店参加数242社中 第12位。静岡県 第1位の実績をおさめました。

ホームリサーチとは スタッフ紹介 リクルート情報 スタッフブログ アトリエサクラの活動実績 おひさまの森保育園

2017.12.23

 

「ウォシュレットにデメリットはない。」
「ウォシュレットのデメリットは水道代くらい。」
なんて思っている方はいらっしゃいませんか?
確かにウォシュレットのデメリットはなかなか思いつきません。

しかし、意外なところにデメリットがあるのです。
今回それをみなさんにご紹介します。
 
◆排便前に洗浄してはいけない
「肛門にウォシュレットを当てると、便が出やすい」というのを聞いたことないでしょうか?
そもそも不要に洗うと粘膜を傷つける原因になってしまいます。
しかし、それ以上に怖いのは、温水シャワーを当てないと便意を催さない体になることです。
これは習慣ではなく、悪習慣です。本来自然に便意を催さなければならないはずが、人為的に刺激を与えなければならなくなってしまうことは非常にまずいことです。
 
◆依存症になってしまうこと
先ほどのものに似ていますが温水シャワーに依存しないように気をつけましょう。ウォシュレットがないと便ができない体でも、普段は困らなくても、震災の際はどうしますか?
ウォシュレットはもちろん、まともな便器さえ使えなかったり、そんな状況になってしまったりするかもしれません。
そのような時に便が出なければ健康に影響が出る可能性も考えられます。そういった時に困らないよう、依存しないように普段から気をつけることが重要です。
 
◆まとめ
いかがでしたか?
どちらのデメリットもウォシュレットへの依存が考えられます。
ウォシュレットはあくまでも洗浄のために使用し、依存しないようにしましょう。







メールでのお問い合わせ

HOME会社概要関連リンクプライバシーポリシーサイトマップ

Copyright (C) 2007-2013 Atelier SAKURA Corporation. All Rights Reserved.