注文住宅ならウォシュレットを!ウォシュレットには2種類ある!?

アトリエサクラ トップページ

HOME » Information column[インフォメーションコラム]»注文住宅ならウォシュレットを!ウォシュレットには2種類ある!?
お客さまの声 ホームリサーチ静岡県第1位賞状授与

ホームリサーチガイド第一回工務店グランプリにおいて全国工務店参加数242社中 第12位。静岡県 第1位の実績をおさめました。

ホームリサーチとは スタッフ紹介 リクルート情報 スタッフブログ アトリエサクラの活動実績 おひさまの森保育園

2017.12.21

 

「ウォシュレットならなんでも一緒。」
「ウォシュレットに種類なんてあるの?」
なんて思っている方がいらっしゃるのではないでしょうか?

確かにウォシュレットの種類まで気にする人はほとんどいないでしょう。そのため意外と知らない人が多いかもしれません。
今回の記事ではその2種類をご紹介します。
 
◆貯湯式
ウォシュレットの種類の違いとはお湯のため方の違いです。
この貯湯式は洗浄する湯を普段からタンクに保温状態で貯めておくタイプです。
メリットは製品自体がかなり安いことと、安いのに多くの機能が付いていることです。
デメリットは常に保温しているため電気代が高くなるという点と、あまりに使用されないと湯の中で雑菌が湧いてしまうことです。
 
◆瞬間式
瞬間式では使う瞬間に湯を沸かすタイプです。
メリットは機能が豊富にあり、必要な時に湯を作るので湯切れの心配もありません。
また、保温しているわけではないので電気代はそれほどかかりません。
デメリットとしてはボタンを押してから湯を作るので少し時間がかかることと製品の値段が高いことです。
 
◆まとめ
いかがでしたか?
貯湯式も瞬間式もどちらにもメリットデメリットがあり、どちらがいいとは決めにくいところですね。
自分の予算や使用する機能に合わせて選ぶのがいいのではないでしょうか?
ぜひ検討してみてください。







メールでのお問い合わせ

HOME会社概要関連リンクプライバシーポリシーサイトマップ

Copyright (C) 2007-2013 Atelier SAKURA Corporation. All Rights Reserved.